• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 今日の山陽支部--「始めての講師役」の巻!!

  • (・◇・*)

    「今日、先生は講習会のためお休みです。ですので今日は
     僭越ながら私が講師を務めさせていただきます。」

     

    F氏(=v=)

    「お願いします。」

     

    (・▽・*)

    「今日はちょっと趣向を変えて、二人組で練習しましょう。」

     

    (・◇・*)

    「今日は相手が強い力で押してきた時に、
     もっと強い力で押し返す練習です。
     二人組の内、一人は長拳の突きを出した状態で構えてください。
     もう一人は、それを押します。」

     

    (・ω・*)

    「どうですか?「手から足」に力が伝わっているのが分かりますか?
     
    この状態、押す方は疲れますが、受ける方はラクです。」

     

    (・◇・*)

    「次は太極拳の姿勢で、同じように押してもらい、先ほどの
    「手から足」に伝わる力を感じてください。その力を感じたら
     今度は足を曲げ、少し引き込んだ後、軽く相手を押し返しましょう。」

     

    (・▽・*)

    「人間の体の中で、最も大きいのは太ももの筋肉です。ここを使います。
     相手がマッチョな人で、腕の力で押さえ込んで来たとしても、
     こちらが太ももの筋肉を使えば、充分押し返せます。」

     

    (・ε・*)

    「どうですか?今日はこんな感じでしたが、分かりましたか?

     

    (=◇=)

    「長拳の構えで「手から足まで」力が伝わっているのは
     分かりましたが、相手を押し返す所は少し難しいですね。」

     

     (・◇・*)

    「まー「手から足まで」の力が分かっていれば、後は
     その延長線上ですので練習する内に徐々に分かってくると思います。」

     

    (・▽・*)

    「来週は、強い力で押してきた相手を、あまり
     力を使わずに崩す方法です。」

     


    (=Д=)

    「来週はちょっと来れないかもしれないんですが、、、。」



    Σ
    (・□・*)

    「ガーン!!

     








    こんな感じで今日の練習は終わりです。

     

    ちょうどスポーツセンターにサンドバックが置いてあったので、

    ちょっとそれを使わせてもらうことにしました。ステップしながら

    ジャブ、ストレート
    あたりを適当に打ち込みます。続いていくつか

    蹴ってみる。久々にこういう事をするとなかなか楽しいです。

     



    続いて螳螂手の

    墊歩塌掌(てんほとうしょう)
      →登山腰斬
    (
    とざんようざん)
        →上歩圈捶
    (
    じょうほけんすい)

    のコンビネーションも試してみる。これ、大好きなんですよ。




    でも、
    登山腰斬(とざんようざん)でサンドバックを叩いてみると、

    肩から先に力が上手く伝わっていない気がしました。

    多分肩から拳にかけてきちんとした形が出来ていなかったんだろうなー。


     


    ジャブ
    ストレートと、登山腰斬(とざんようざん)との違いは、

    公道用の車両
    F1カーとの関係に似ているように思います。


    ジャブ
    ストレートは、拳と足の間に多少「遊び」の部分が

    ありますが、登山腰斬はあまり無い様に思います。

    「遊び」の部分があれば、姿勢やバランスの調整が出来るのですが、

    「遊び」がないと、体の中でどこか一カ所駄目な所があるだけで

    威力が格段に落ちます。その代わり上手く出来た時は

    足からの強い力をダイレクトに出せる訳です。


     
    そんなこんなで今日は終了です。また来週もありますので頑張ろう!!


    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。