• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 今日の山陽支部-陳式太極拳・長拳螳螂編
  • 先生|・▽・´ |

    「今日は入門三式甩手(スワイショウ)の練習をしましょう。」

     

    (・▽・*)

    「お願いします。」

     

    |・◇・´ |

    甩手(スワイショウ)は、両手を使った練習です。
     まず

     ①足は肩幅ぐらいに開き、站樁の姿勢で立ちます。

     ②足のバネを使って両手を前に振り上げ、

     ③足のバネの力で両手を後ろに振ります。」

     

    (・ε・*)

    (思ったより簡単だなー)

     

    |・◇・´ |

    甩手(スワイショウ)をやるに当たっては、体の軸を意識して
     練習しましょう。軸が出来ていないと、だんだん腕の動きが
     グチャグチャになってくるので気をつけてください。」

     

     

    ~~~しばらく甩手(スワイショウ)の練習~~~

     

     

    |・▽・´ |

    「どうです、これだけ長時間続けたら疲れてきませんか」

     

    (・Д・*)

    「他人から見たら、実際に動いているのはだけに見えますが、
     延々続けてると結構に来ますね、これ。」

     

    |・◇・´ |

    甩手は健康に良いだけでなく、実戦でも使えます。
     試しに攻撃してきてください。」

     

    ☆⊂≡(・□・*)

    「エイッ」デュクシ!!

     

    |・O・´ |

    「例えば、こうから来た攻撃を下に崩し、、、、、」

     

    (((・Д・*)))  グラッ

    「おおっ」

     

    |・O・´ |

    「そのまま後ろに流します」

     

    (((・Д・*)))

    「おっととと、、、」

     

    |・▽・´ |

    からだけでなく、後ろどの方角からの攻撃でも
     対応できます。また、防御だけではなく、攻撃にも使える
     応用範囲の広い技です。」

     

    (・□・*)

    すげー!!
     動きはこれだけ単純なのに、
     使いこなせばメチャクチャ強いですね。」

     

    (・Д・*)

    「でも攻防を意識すると急に難易度が高くなって動きが変に
     
    なりやすいですね。気をつけないと。」

     

    その後、入門三式螳螂手錬子捶を練習して今日は終了です。

     




    練習後の会話、、、、

     




    先生
    |・▽・´ |

    「今回の訪台では双鈎を習ってきました。」


     -----------------------

    http://www.gaopu.com/SOU.html
    の上から五番目がそれです。

    -----------------------

     

    (・▽・*)

    「すげー!!かっこいいなー。」

     

    |・△・´ |

    「ただ一つ問題があって、武器を買って帰りたくても
     鉄製だから持って帰れないんですよね。日本国内で
     アルミ製のを買おうとすると、結構な金額だし、、、。」

    |・◇・´ |

    T氏太郎さんは、CADで武器の図面を描いて、旋盤で作ることとか
     出来ないですか?」

     

    (・ε・*)

    「残念ながらCADは家にありますが、旋盤はさすがに
     持ってないんですよ。ですので、図面作って紙に印刷しますので
     ハサミで切って組み立てて頂ければ、、、。」

     

    |・ω・´;|

    「それは武器とは呼ばず
     ペーパークラフトと言うものでは、、、」

    |・▽・´ |

    「でも台湾ではベニヤ板を切って武器を作っている人もいましたね。」

     

    (・◇・;*)

    (ああ~。国境超えても考える事は同じなんだな~。)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。